離型剤を使えば製造現場の成形でメヤニ防止が可能です

ねじと工場

現場で扱いやすい製品成形のメヤニ防止の離型剤

穴あけ加工

離型剤は、製品を型から外しやすくするために用いられます。離型剤の中でもフッ素コーティングは扱いやすく、金型の内側に塗布すると、材料と型が付着するのを防ぎます。粘着性が高い材料に対しても有効で、製造現場では細密な型を使用する際にも用いられています。
フッ素コーティングは、金型やガラス、プラスチック、ゴムなど型表面に結合密着します。非粘着性が強力で、潤滑性があります。離型剤を用いることで、精密で複雑な形状の成形や粘着性の高い素材に対しても有効になります。薄くて割れやすい成形にも適しています。
フッ素コーティングには、連続離型性能があります。離型剤が金型やガラスなどに結合反応します。そのため、継続した離型性があり、成形のたびに塗り替えしなくても数千~数万回の連続的成形ができます。
不燃性溶剤であることも、フッ素コーティングのメリットです。引火性のない不燃性溶剤は、安全に作業するために大切なことです。引火性がないことから法的規制もなく、安全に製造したり、離型剤を保管したりすることができます。
押し出し成型の際のメヤニを防ぐ働きもあります。押出成形の口金に離型剤を塗布します。離型膜によってメヤニが少なくなり、連続した離型性でメヤニができにくい状態が続きます。

ゴム製品の成形にもメヤニ防止の離型剤で生産性を高める

離型剤には、フッ素系のフッ素コーティングがあります。フッ素化合物の非粘着性を活かして、成形が難しい製品を作るときに使われています。焼き付け型フッ素樹脂やフッ素樹脂の吹き付けタイプがあります。どちらも連続的な離型性が期待できます。焼き付け型フッ素樹脂は、表面が乾いているため、べたつかず成形物の洗浄が不要です。吹き付けるタイプは、フッ素樹脂をパウダー状にしてエアゾールで吹き付けて使用します。常温で使用できるため取り扱いが便利です。離型性能の劣化は、焼き付け型よりも早くなります。離型剤として、製品を成形するときに型から外しやすくなります。
フッ素コーティングは扱いやすいので製造現場では幅広く使われています。金型の内側にフッ素コーティングを塗布すると、材料と型との付着を防ぎます。そのため、粘着性が高いゴムやシリコンなどの材料に対しても有効です。製造現場では、成形が難しい細密な型を使用する際にも、離型剤が用いられています。
フッ素コーティングは、押し出し成型の際にできやすいメヤニを防ぐこともできます。押出成形に離型剤を塗布して、離型膜を作ります。メヤニが減るため、ゴムやシリコン製品を作るときにもメヤニができにくい状態が続き、不良品を減らして生産性を高めていきます。

成形現場のメヤニ防止の離型剤には大きく分けて4種類ある

離型剤には大きく分けて4種類あります。それぞれ特徴が異なり、使いやすさも違います。主要な離型剤として、オイル系とワックス系、界面活性剤系、フッ素系の4種類になります。
オイル系は、オイルやシリコーンやでできた離型剤で、安価で費用を抑えることができます。液状の離型剤で広範囲に塗布でき、離型性は良好です。1~数回使用すると離型性がなくなるので、成形するたびに塗布が必要になります。成形物への転写が多いため、べたつきを感じやすく洗浄が必要です。
ワックス系は、離型性が低めです。固形の離型剤で、金型に薄く塗布するのが難しくなります。離型性が低めなので型に汚れが残りやすく、発泡ウレタンには合っていますが他の素材には向いていません。
界面活性剤は、安価ですが離型性が低いという特徴があります。離型しやすい材料には向いています。離型剤の費用を抑えたいときに使用する場合があります。
フッ素系は、フッ素化合物の非粘着性による離型性を活かした離型剤です。フッ素コーティングによって連続的に離型性が続くことや、成形がきれいにできること、メヤニを防ぐことにも効果があります。メヤニができると製品として価値がなくなるため、メヤニができにくい環境を作れることが大きなメリットです。
離型剤としてワックス系は向いていません。フッ素系のように扱いやすいものがおすすめです。

Choices Article

Recent Posts