離型剤を使えば製造現場の成形でメヤニ防止が可能です

ねじと工場

フッ素コートの離型剤はメヤニ防止できパッキンの成形にも役立つ

ドリル

フッ素コーティングの離型剤は、ゴムチューブやパッキンの成形に便利なため、製造現場では広く使われています。一般的にゴムチューブやパッキンの成形は、金型を用いて作ります。しかし、素材が金型に引っ付きやすく、はがすのが難しいため、きれいに成形できるように離型剤が必要になります。離型剤があると、離型膜がゴムチューブやパッキンにメヤニができることも防ぐことができます。離型剤があることで成形に役立ち、簡単にメヤニのケアができるようになります。
現場で成形する際は、品質を維持するために、金型からきれいにはがす必要があります。さらに、メヤニをなくすことで製品の質を少しでも高めていきます。そして、成形のスピードも大事です。すべての条件は、離型剤によってクリアすることが可能になります。離型剤を塗布すると、ゴムチューブやパッキン自体の精度も高まります。
成形する際は、フッ素コーティングの離型剤を使うのがおすすめです。ゴムチューブやパッキンの成形に手軽に使用することができます。金型にフッ素コーティングをしておくと、離型性が持続するため、繰り返し成形が可能です。離型膜は薄く、製品の質を上げることもできます。離型剤は、成形に大変役立ちます。

Choices Article

Recent Posts